11月「神性開発飛田給練成会」ご案内・・・体験が続出してます!

合掌 ありがとうございます。

秋も深くなり、境内地の木々も徐々に色づいてまいりました。
いつもの年よりも早く境内地の柿が実り、美味しい時期となりました。

第845回神性開発飛田給練成会11月1日(日)~10日(火)に開催されます。
このところ練成会では喜びの体験が続出しております。
そして練成を終えられた皆さまが飛びっ切りの笑顔で道場を後にしています。
どうぞ飛田給の練成会にご参加下さい。

重要です!
11月の飛田給練成会より、聖経「真理の吟唱」を使いますので、お持ちの方は忘れずにご持参下さい。
また飛田給の各練成会では、浄心行の時に「万物調和六章経」を全員で読誦しますので、どうぞご用意下さい。

そして練成会では聖歌を何度も斉唱致します。「聖歌集」を必ずご持参下さい。 
 

≪練成会での感動が友人の命を救う!≫

9月の短期練成会を受講され、溢れる感動を胸に帰宅したKさん。帰宅して間もなく友人から電話がありました。その友人の話が少し気になったので、自宅へ来てもらいました。
Kさんは訪ねてきた友人に練成愛の感想を喜びと感動の溢れるまま語りました。すると友人は・・・
「私はこの後、近くの海に車ごと飛び込む決意でここまで来たんです。でも貴女の話を聞いて、私は死ぬことを止めました!」
と話されたのでした。
Kさんの練成会受講の感動が、友人の命を救ったのでした。

≪奥さんの付き添いで参加したご主人の対人恐怖症が消えた!≫

10月の練成会に参加されたIさんご夫婦。ご主人は初日の自己紹介の時「参加する妻の付き添いで来ただけです」と言っておられましたが、日を追う毎に練成行事に感動され変わって行かれました。奥さんは摂食障害で飛田給に来るまでは食べたものをもどしてしまっていたものが、練成を受講してすっかり癒えて普通に食事が出来るようになりましたが、その事にご主人さんは感動。ご主人さんは退職後20年間、大勢集まる所へ出たことがない対人恐怖症と言っておられましたが、座談会や同室の人達とも歓談できるようになられました。
笑いの大会ではご夫婦ともに入賞! 道場を出られるとき、ご主人は送りの車の中で深く合掌し、道場を後にされました。

どちらもつい最近の体験です。素晴らしいですね!
どうぞ皆様、飛田給の練成会にお越し下さいませ。


※主なプログラム

第1日目(11月1日・日)
13:00~ 受付開始
14:00~ 開会式
オリエンテーション・参加者自己紹介
真理講話

第2日目(11月2日・月)
真理講話、座談会
笑いの意義と練習
個人面談(参加者お一人ずつ道場講師が個別面談致します。「個人指導」とは異なります)

第3日目(11月3日・火
真理講話
無我献身・愛の実践献労(第1回目)
実相円満誦行

第4日目(11月4日・水)
真理講話、座談会
無我献身・愛の実践献労(第2回目)

第5日目(11月5日・木)
無我献身・愛の実践献労(第3回目)
世界人類みな同胞(はらから)を自覚する日・・・一汁一飯の実践(昼食)
身・口・意の三業(さんごう)を浄める写経の実修
先祖と共に実修する浄心行
(浄心行では「万物調和六章経」を読誦します)

第6日目(11月6日・金)
奇蹟の宝庫・聖経法供養祭
ゲスト講師による講話(“森の中のオフィス”青年会部)
感謝の先祖供養祭

第7日目(11月7日・土)
心の悩みを解くテーマ別座談会
神の聖なる癒しが天降る祈り合いの神想観
祝福と礼拝・・・伝道実践
真理講話

第8日目(11月8日・日)
無我献身・愛の実践献労(第4回目)
 ゲスト講師による講話(東京第二教区地方講師:安藤満講師)

第9日目(11月9日・月)
報恩・感謝の多磨霊園参拝(谷口家墓前での聖経読誦)
日本の心のふるさとを訪ねて・・・多摩・武蔵野陵参拝
真理講話
感想文記載

第10日目(11月10日・火)
笑いの大会
結語講話
感想決意発表
閉会式・会食

なお10日間通じて「神想観」についての講義があり、「神想観」の意義及び実修方法について
詳しく指導する時間があります。

詳しいプログラムはこちらをご覧下さい。
 


皆様のご参加を道場員一同心よりお待ち申し上げます。

再拝
 


ページトップへ