練成会が盛会裡に行われています!

合掌ありがとうございます。

このところ更新が滞っておりまして申し訳ございません。
この約1ヵ月の間、飛田給では各種の練成会が盛会に行われています。

5月27日から29日まで、飛田給道場の誕生をお祝いする年間最大のイベント「道場開設記念練成会」が行われました。
全国各地から350名余の参加者が参集され、喜びと感動に満ちた練成会となりました。
「憧れの飛田給に来られて本当に良かった!」との声があちこちから聞こえてまいりました。

6月1日から10日まで「第852回神性開発飛田給練成会」が開催されました。
「道場開設記念練成会」から引き続き参加されたされた方もおられ、さらなる真理の研鑚に励まれている姿が印象的でした。
”無我献身・愛の実践 献労”の時間には、境内地に実ったビワを収穫し、練成会期間中の食事の際に皆さんと食べました。
例年より早い収穫でしたが、甘くて美味しかったですよ!

飛田給練成会終了後の10日から12日まで、新しい実践型練成会「第1回光明実践日時計練成会」が開催されました。
絵手紙の実践、そして生物多様性に恵まれた高尾山での研修やクラフト制作、悠久の大地を流れる多摩川クリーンウォーキングを通し、大自然の恩恵に生かされていることに改めて感謝するとともに、「自然と一体となることは心が豊かになることだ」ということを改めて実感することのできた練成会でした。
次回の「光明実践日時計練成会」は11月下旬を予定しております。

6月16日から19日まで「第546回神性開発短期練成会」が開催され、2日目の17日には「谷口雅春大聖師三十一年祭」が執り行われました。
総本山からライヴ配信された総裁・谷口雅宣先生のおことばを心して拝聴し、「生長の家が現在目指しているものがはっきりわかり、自分の信仰に自信がつけられた」という感想も聞かれました。


各練成会のスナップ写真や喜びの体験感想文は、後日順を追って紹介いたします。
 

練成会を受講されて、喜びと感謝の思いに満たされるとともに、自分のいのちを礼拝し讃嘆することが出来るようになって、本当に喜びいっぱいで感激して道場を後にされる方が多いですね!
68年間、1日たりとも神想観・聖経読誦を欠かしたことがなく、神の愛と祈りに満ちあふれているから、このような奇蹟が起きるのでしょう。

どうぞ”魂のふる里“飛田給に、お誘い合わせの上でお帰り下さい。
皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げます。

感謝合掌


 


ページトップへ