女性のための練成会にご参加されたみなさん

【女性のための練成会特集】過去の体験感想文より(その2)

出典:「女性のための練成会」体験感想文より


愛が足りなかったと反省!無条件の「はい」を実行する!

東京都 50代女性 (平成20年10月「女性のための練成会」体験感想文)

 どの講師の方の講話も、とてもわかりやすく、愛の実践の話をしてくださったので、ありがたく心にしみました。
 また内田久子講師の、「人間は笑うのが、特権である。顔に笑う筋肉(笑筋)が、ついているのは人間だけで、動物にはついていない」こと。だから笑顔とやさしいことば(愛語)と讃嘆という、3つの愛の表現をしていかなければいけないことが、よくわかりました。
 愛が足りなかったと、反省しました。また一切、条件抜きの「はい」を実行していきます。唯そのまま(現象は、出たら消える)、ただ実相(そのまま)を直視していく、実相直視の勉強だけだと思って、日々生活をしていきたいと思います。3日間ありがとうございました。

内田講師の神性を礼拝するお姿に感動!私のご先祖も浄めて下さった!

栃木県 40代女性 (平成20年10月「女性のための練成会」体験感想文)

 道場のみな様のゆき届いた、真心のもとに心地よく練成を、受けさせていただいて、喜びいっぱいです。ありがとうございます。道場のみな様の真心が、これからの私の目ざす真心の出し方とならせていただきました。
 内田久子講師が、具合が悪くなられた方に対して、接しておられましたが、そのお姿に、内田講師の神を拝むようなお姿が感じられました。相手の神性を礼拝するってこういうお姿なんだなと感動しました。言葉でどういうふうに表現したらわからないのですが、荘厳な雰囲気が内田講師に、ただよっていました。
 内田講師のご講話を拝聴している時は、背中が軽くなり、楽になった自分がありました。内田講師は、私のご先祖様をも浄めて下さったと思わせていただきました。飛田給はいつ来させていただいても、うれしく楽しい気持ちにさせてくださいます。また、来させていただきたいと思います。宜しくお願いします。

優しい言葉の大切さを学ぶ!長所を見てホメることを実践する!

東京都 40代女性 (平成20年10月「女性のための練成会」体験感想文)

 今回初めて、飛田給の練成会に、2才の娘をつれて1泊2日で参加しました。入口を入ると、とても綺麗な館内に大変感動しました。初めての場所に緊張もありましたが、受付の方がとても親切にして下さったので、安心することができました。また、知り合いの方と同室にして下さったので、助かりました。
 参加の理由は、主人の両親との同居の話がでていて、その事で主人と思いの違いや、この先、上手にやっていけるだろうかという不安をかかえていたからです。佐野総務の講話で「思いはすべて作り出す」という言葉に、ハッとさせられました。自分自身が勝手に、上手くいかないと決めていました。帰宅したら、主人ともう一度よく話し合いたいと思います。
 内田久子講師の講話で、優しい言葉の大切さを学ぶことができました。疲れていたり、嫌なことがあると、ついついきつい言葉になっていました。また子育ての大事な要素を、教えていただきました。長所を見てホメることを、実践していきたいと思います。この度は、お世話になりありがとうございました。また機会があったら来たいと思います。

神の子らしさを全面に出して生きていきたいと魂で感じた!

愛知県 40代女性 (平成22年3月「女性のための練成会」体験感想文)

 私は練成に参加し、魂を磨くことをかれこれ4年ほど続けていますが、どうしても仕事中心になり、信仰や趣味に費やす時間がけずられ、「神想観」も毎日欠かさずしていますが満足感がなく、ストレスが溜まっていました。
 そんな時、母からキツイ言葉を投げかけられ、自分の現在の生活を省みて、「女一人いかに生きるべきか」という人生最大の問題に背を向けていたことに気づきました。
 私が今すべきことは、もっと働くことで現象的に生活を変えることだから、信仰ではないと、信仰を止めようかと思い、止める前に神様に相談しようと、今回の練成会に参加しました。
 熊本講師に個人指導をして頂き、思いのたけをお話ししました。時々練成に参加する生活に、これ以上何かを望んではいけないと無理していたと気付き、一番大切なことである親への感謝を、先送りしようとしていた事を猛烈に反省しました。
 そして、熊本講師から「本当の信仰をすればいいんだよ。あなたが本物になればいいんだ。」と言われ、親に感謝するまでは生長の家の御教えを学び続けようと本当の明るい心に戻りました。
 素晴らしい講話を聞き、喜び感謝は思うだけでなく表現して行くことが大切と痛感いたしました。それが簡単にできることを内田久子講師の講話の中で教えて頂きました。
「そうなの」という魔法の言葉で、すべてのことを肯定し感謝できる、自信を持ちました。女性らしく生きるべきか、自分らしく生きるべきか、選択しなければならないかと、考えていましたがどちらも選べばよい、そして、さらに神の子らしさを全面に出して生きていきたいと魂で感じました。
 暗い気分になったら、大きな声で歌って、明るい気分になります。人の光明面を見る、日時計主義の生活を徹底します。祈って頂きありがとうございました。母と仲良く普及誌配りする事を決意します。
過去の「女性のための練成会」から、内田久子講師の講話に関するものをセレクトしました。家庭についての感想文が多いのもこの練成会の特徴ですね。

※体験者の年代表記は体験当時の年代となります。


ページトップへ