「西日本豪雨」で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます

このたびの西日本地域で発生した豪雨の被害にあわれ、お亡くなりになられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。
また、連日の猛暑の中で、救援活動・復旧活動に尽力されている皆様に、心からの感謝と激励の言葉を送らせて頂きます。

自然との大調和のうちに、一日も早い復興が進められることを祈念いたします。

生長の家では、このたびの豪雨被害に対し“宗教的愛の実践活動”として、救援募金を行うことが決まりました。
「平成30年7月豪雨」被災者の受け入れと救援募金を実施します。
(生長の家公式サイトに飛びます)

上記の方針に基づいて、飛田給練成道場でも救援募金を行います。
道場玄関ロビーの谷口雅春先生ご揮毫「神ハ愛也」の両隣に、2種類の募金箱を設置しました。



1.一般救援募金
「平成30年7月豪雨」による被災者を支援するために、「日本赤十字社」を通じての救援活動に協力します。

2.信徒救援募金
「平成30年7月豪雨」による生長の家信徒等の被災者およびそれを支援する教化部等に対する直接的な救援活動に充てられます。

なお、献金者は「一般救援募金」もしくは「信徒救援募金」を自由に選択できるものとします。
募金の期間は9月11日までの予定です。

練成会に参加される際、また聖経法供養のお申込みに直接ご来道される際は、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

感謝合掌


 


ページトップへ