8月・飛田給練成会に参加して、“魂のふる里”で先祖供養を受けよう

暑中お見舞い申し上げます。

8月はお盆の月です。このお盆の月にご先祖様と共に練成会を受講して、霊牌を奉納し先祖供養をいたしましょう。供養の方法にもいろいろありますが、生長の家の先祖供養の特色は「霊牌供養」であり、聖経読誦による「真理供養」です。
そこで8月の飛田給練成会では、道場にお越しいただきましたら早速霊牌を記載していただき、この霊牌を実相額の横に安置して、ご先祖様と一緒に受講していただきます。これはとても大きな供養になります。

なお練成会中に祀られた霊牌は、練成会終了後すぐに宇治別格本山の「盂蘭盆供養大祭」に奉送され、真理の供養を受けられ、1年間お祀りされます。

また8月は子供たちの夏休みもあり、家族とともに練成会を受講できる月です。家族そろって練成を受講することは、家族の皆様のあらゆる面が輝き、一家がますます繁栄することになります。

生長の家前総裁・谷口清超先生は、ご著書『感謝の奇蹟』の中で、以下のようにご教示されています。
--ことにご祖先は、肉体はなくなられても魂としては生き通しておられるのです。そして生き通しておられるということは、「心」があるということですから、その「心」には、力があるはずです。その御力が、こちら側の生きている人間に伝わって来ないはずはない。それがどういう風にして伝わるかというと、「類をもってあつまる法則」、「感応の法則」、「親和の法則」によって伝わるのです。従って御祖先のことを思い、愛し、尊敬しておられて、よくお祭りをされる人には、その愛念にふさわしい御祖先の愛念が伝わって来て、すばらしいおかげをうけられるということになるのであります。
≪谷口清超先生著『感謝の奇蹟』36ページ~≫

どうぞ皆さん、是非この機会に家族で練成会を受講いたしましょう。


【8月飛田給練成会の先祖供養祭】
8月5日(日) 19:20~ 
※先祖供養説明講話は18:00~



【その他、練成会の主な行事日程】

ゲスト講話 飛田給道場前練成課長・泉英樹講師・・・8月4日(土)13:40~


浄心行・・・・・・8月4日(土) 18:40~ ※浄心行説明講話は15:00~


聖経法供養祭・・・8月5日(日) 13:20~



祈り合いの神想観・・・8月7日(火) 8:00~






なお7日間通じて「神想観」についての講義があり、「神想観」の意義及び実修方法について
詳しく指導する時間があります。


詳しいプログラムはこちらをご覧下さい。


お申込みはこちらから出来ます!


皆様のご参加を道場員一同心よりお待ち申し上げます。

感謝合掌
 


ページトップへ