10月の飛田給練成会は講習会が直接受けられます【終了しました】

合掌 ありがとうございます。

10月の「神性開発飛田給練成会」では、練成会を受けられますと、5日目に生長の家総裁・谷口雅宣先生、白鳩会総裁・谷口純子先生が直接ご指導される「生長の家講習会」をそのまま受講することができます。

大雨の中での講習会でしたが、大勢の方が見えられ、大盛会のうちに終了しました。

※今回の練成会に限り、聖経法供養祭は6日の13:20~となります。ご了承下さい。

7月の「神性開発飛田給練成会」を受けられた、岐阜県の多和田美子さん(74歳)は、感想文の中で次のように書いておられます。
「数ヶ月前から、足が痛くて正座が出来ませんでした。歩くのも杖を必要としていましたが、何と、初日から『神想観』も聖経読誦も、正座が出来てすっかり痛みも取れました。と。このような体験はこれまでも何度もありますが、この体験は、ご本人の信仰と飛田給道場が66年余に亘り、祈りと聖経読誦、真理講話などが続けられて、その「癒しの霊波」が満ちている証拠でしょう。まことに“神霊満つる癒しの場”であるのが飛田給道場なのです。

さらに次のこともあります。神奈川県から参加された近藤さんは、「神想観・笑いの練習・講話などは9回にわたって学ぶものでした。毎回講師が異なるので学びが深くなり、一人で出来るように工夫されておりました。神へのチャンネル合わせが出来たとき、どのような体験ができるのか、楽しみになりました。

この他練成会では、浄心行先祖供養祈り合いの神想観などで、先祖代々の業障も潜在意識に潜む妄念も、一切浄化され“神の御栄”が現れます。どうぞ、1回でも多く練成会にご参加下さい。

なお10月飛田給練成会のプログラムの詳細はこちらからご覧ください。


道場員一同、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。


再拝


 


ページトップへ