平成27年8月「第72回生き生き長寿練成会」のスナップを紹介します

 

8月に開催された「第72回生き生き長寿練成会」のスナップを紹介します。

真夏の猛暑の時期での開催にもかかわらず、大勢の方がご参加されました。
またこの練成会に参加された皆さまにその後連絡を取ってみると、ますます元気になっている方ばかり。
本当に練成会は神様が正しい方向に導いて下さるのだと、改めて強く思います。

1日目、多湖講師による導入講話。講師の話に皆さん吸い込まれていきました。

恒例の「若返りの竹踏み体操」。この日は佐藤講師補の先導でした。
暑い中にもかかわらず、皆さん元気に体操されました。

「万物調和六章経」一斉読誦。

2日目、多摩霊園での谷口家の墓前で報恩・感謝の聖経読誦。
猛暑の時期でしたが、この時間だけどういうわけだかヒンヤリした空気につつまれ、ほとんど汗もかきませんでした。
入りきらないほどの参加者が来られたことを雅春先生や清超先生が喜ばれ、お天気を導いて下さったのでしょう。

原宿・光明の塔で、職員の方の説明を聴く参加者の皆さん。

泉講師の朗読による「自然と人間の大調和を観ずる祈り」。

七重の塔の前で泉講師先導により「大自然讃歌」を一斉読誦します。

この時に催されていた谷口清超先生の写真展を拝観。
そして「いのちの樹林」を散策します。

感謝の「先祖供養祭」
お盆の月であること、そして宇治での盂蘭盆供養大祭が間近だったことから、大勢の方が参加されました。

最終日「笑いの大会」。暑さも何のその!大笑いで暑さも吹っ飛ばしました。

閉会式終了後の団結の握手。飛田給での再会を約束します。

講師・道場職員全員と一同に会しての楽しい会食。
美味しい食事を前に、会話も弾みました。

 


ページトップへ